活動の様子

2013年3月 一覧


【工房だより第11号】笑いあり涙あり!インターン卒業合宿

メルマガ用ロゴ 地域のチカラで子どもを育てる
      ダ ┃イ ┃バ┃ー ┃シ ┃テ ┃ィ ┃工 ┃房┃
      ━┛ ━┛━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛━┛
        2013.3.21 工房だより 第11号

………………………………………………………………………………
工房だよりは、ダイバーシティ工房を応援してくださっている方、
名刺交換させて頂いた方にお送りさせて頂いております。不要の
方は、お手数ですが[メルマガ不要]と記入して頂き、
diversity.kobo@gmail.com 】へ送信して頂ければ幸いです。
………………………………………………………………………………
メルマガバックナンバーはこちらからご覧頂けます。
http://diversitykobo.blog.fc2.com/blog-category-1.html
………………………………………………………………………………

┏●
┗┛MENU
1.代表 不破からのごあいさつ
2.ご報告
 ~笑いあり涙あり!インターン卒業合宿~
3.自在塾日誌 日直:大野
4.スタジオplus+日誌 日直:笠井 
5.ご寄付のお願い
6.編集後記


┏● 1.代表 不破からのごあいさつ
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
我が家の庭の木蓮も満開になり、暖かい日差しを感じられる日々になりました。

年度末ということで自在塾では生徒たちの卒業シーズンです。そして今日3月21日
はダイバーシティ工房が法人化した1周年記念の日でもあります。

◆法人設立1周年を迎えました

1年前、ひとりで千葉の法務局へ行き、よくわからないまま手続きを終えながら
もここからが新しいスタートだ!と感じていた日が、もう随分昔の様です。

3月という季節は塾業界にとっては1番の繁忙期であるとともに中3生の卒業によ
って資金繰りが苦しくなる時期でもあります。

それでも2012年の3月は新しい事業の準備と、やっと専任として自分が関われる
ことで組織が大きく成長できると感じていたので希望でいっぱいでした。

◆組織の基盤を固めた1年間

2012年度は、「スタッフが変わっても、サービスの質は変わらない組織基盤を創
る」という事を目標としてきました。

そして、1年経った今、採用や育成の体制も整い、自在塾とスタジオplus+の2教室
の運営基盤もだいぶ安定してきました。

この体制を作ることができたのは、この3月に卒業するインターン生の大野と久野
の働きに依るものが大きいです。

◆インターン生卒業を機に思うこと

彼らが昨年末から卒業するこの3月までに、これまでのマニュアル全ての見直し
とこれまでなかった事務局のキャリアパスの設計をしてくれたことで、事務局の
オペレーションを安定して行えるようになりました。

生徒や保護者の変化が嬉しくて働き続けてこれた2年間でしたが、2012年度は
大学生であるインターン生の飛躍的な成長を傍で見ることができ、私自身も学ぶ
ことの多く感動の多い1年でした。

日々現場を支えてくれ、そして事務局の基盤作りに大きく貢献してくれた彼らに
改めて感謝する1周年記念日を迎えることができて幸せな1日となりそうです。


┏● 2.ご報告
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆……………………………………………………………………………………………
 笑いあり涙あり!インターン卒業合宿
……………………………………………………………………………………………☆
こんにちは、2月からインターンとして活動している瀬良と申します。普段は、
マーケティングを学んでいる、大学2年生です。よろしくお願いいたします。

さて、ダイバーシティ工房では、去る3月16・17日に「インターン卒業合宿」を
行いました。法人立ち上げ当初からのメンバーである大野と、広報・採用を担当
していた久野が、3月をもちましてインターンを卒業することとなりました。

当日の様子をお伝えします!

◆人生「最高」の瞬間と「最低」の瞬間を共有する『自分史年表作成』

社会に出る前に自分のことを振り返り、知るためのワーク「自分史年表」作成を
行いました!「自分史年表」とは、これまでの人生において良かったことや悪か
ったこと、契機となった出来事などを、折れ線グラフにまとめたものです。

柔らかな雰囲気と笑顔が素敵な久野は、外見に似つかずネットに対してオタク気
質なところが!自分史を見てみると、中学時代の人間関係の悩みから、ネットの
世界に走ったとか。工房では、その時培ったHP作成の技術を思う存分発揮してく
れました。

各自の人生を振り返り、共有することで、インターン間の絆をさらに深めること
ができました。私自身、年表を作成することで、自分を客観視することの大切さ
を学びました。

◆卒業生からのプレゼンで、涙涙涙

最後に卒業生の2人が「インターンで学んだこと」というテーマでプレゼンを行
いました。インターンを通し、「小さい組織で働くことの面白さと大変さが分か
った」と話したのは、インターン第一号の大野。立ち上げ時から代表と地道に頑
張ってきた経験を活かし、社会人になったら「働く人がやりがいを持てる組織、
会社を作りたい」と熱く宣言してくれました!

卒業生から、代表とインターン生一人ひとりへのメッセージでは、全員が涙。
特に前自在塾教室長の大野と、現教室長・小久保の男泣きは、胸にくるものがあ
りました。

大野&小久保_convert_20130320165843
▲卒業する大野(右)から小久保(左)へメッセージ。

◆先輩みたいになりたい!

この他にも、皆で協力して昼ご飯や夜ご飯をつくったり、布団の中、インターン生
同士で「人生の挫折体験」を話したり…最後には、プロボノの方にも出演していた
だいた卒業生へのサプライズ動画上映会など、とても濃厚な時間でした。
笑いあり、涙ありの卒業式でした。私たち後輩インターン生も、卒業する際に、泣
けるくらい誇りをもった仕事を行っていきたいです!

ごはん_convert_20130320170005
▲夜ご飯はみんなでカレーを作りました!

大野&久野_convert_20130320165927
▲卒業する久野と大野による、ミートローフ入刀!!

卒業合宿の模様は、当法人facebookページにて、写真付きで紹介しています!
ぜひご覧ください。
facebookページはこちら⇒https://www.facebook.com/diversity.cobo


☆……………………………………………………………………………………………
  一緒に働く仲間を募集しています!
……………………………………………………………………………………………☆
ダイバーシティ工房では、スタッフを募集しています。法人の理念・ミッション
に共感してくれる熱い仲間を求めています!あなたの周りに興味のありそうな方
はいらっしゃいませんか?

◆インターン生
社会を変えながら成長しましょう!学生という立場を超えて、活躍できる場がこ
こにあります。 
インターンってどんな雰囲気なの?という方は、体験談をご覧ください!

【インターン体験談(経理業務:武藤の場合)】
就職活動中の「就職できても本当に自分に仕事ができるのか」という不安をうや
むやにしたまま、就職活動を進めることは難しいことだと感じました。だから、
この不安を解消するために何かしたい、しないといけないという思いがありまし
た…続きはこちら http://goo.gl/D90xR


┏● 3.自在塾日誌 日直:大野
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは、自在塾担当の大野です。
「ご報告」の記事でお伝えしました通り、私は3月をもってダイバーシティ工房
のインターンを卒業し、就職することとなりました。
これまでメルマガの記事を読んで下さった皆さん、また、いつも自在塾を応援し
て下さっている皆さん、ありがとうございました。

◆プリントが床一面に並んだ、夏の思い出

本格的に自在塾に関わるようになってからおよそ1年が経ちます。
一番苦労したのは夏期講習で、夜遅くまで残って作業をしていたことが印象に残
っています。

今は自習室やスタジオplus+の教室として使っている部屋を事務所として使用して
いた頃です。コピー機やテキスト、塾長の作ったオリジナルのプリントが棚いっ
ぱいに置いてありました。かなり狭かったため、ガイダンスで使用する資料の製
本をする時には、事務所の机の上や椅子の上、床の上全部を使ってコピーした資
料を並べていました。

当時はインターン生3名で、黙々と作業をしていたのですが、床一面がプリントで
埋まる不思議な光景を前に、なぜかハイテンションになって製本したのを覚えて
います。

◆新しい季節が始まります

3月からの自在塾は、インターンの小久保が中心となって業務を行っています。
近頃は生徒向けのガイダンスと春期講習の準備で忙しそうですが、新しいインタ
ーン生3名とともに何とか乗り切ってくれそうです。
新規入会の問い合わせも数件来ていて、「新しい学年がはじまるんだな」という
印象を受けています。私はこの3月で一旦ダイバーシティ工房と自在塾を離れます
が、これからも少し離れたところから見守っていくつもりです。

メルマガを読んでくださっている皆様、引き続き新年度もダイバーシティ工房と
自在塾を応援してくださいますようお願い申し上げます。

毎週水曜日更新!自在塾ブログ http://ameblo.jp/jizaijyuku/
最近の記事:【 新入生増加中! 】


┏● 4.スタジオplus+日誌 日直:笠井
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。スタジオplus+個別指導員の笠井恵美です。小学1年生の女の子と、
小学5年生の男の子の学習指導を担当しています。

◆スタジオplus+も半年を迎えました

これまでの半年を振り返ると、うれしいことも、うまくいかず反省することもあ
りました。でも、ふりかえると、子どもたちはいくつも成長した姿やかわいい表
情をみせてくれていました。 

◆生徒たちの成長を実感しています

最初は、新しい環境になれるのは大変だったことでしょう!床に寝転んでしまっ
たり、部屋を出て行ってしまうこともありました。今は、もちろん日によります
が、40分~60分、先生と一緒に学習できます。スタジオplus+に、嫌がらずに、
または楽しそうに来てくれる元気な姿にほっとしています。

そして、できることが一つずつ増えてきました。自分の名前を漢字で書けたり、
文章題に取組めたり、皆の前でひとこと話せたり。
    
◆これまでを振り返って

新しい学年になっていく節目の3月。急いで通り過ぎてしまわず、これまでを振
り返って確認し、その中で、がんばったことや、できたこと、そのお子さんのす
てきなところを、たくさんお子さんに伝えていきたいです。一人ひとりのお子さ
んに合わせたこれからを、スタッフ一同でみつめていきたいと思っています。
          
3月も、4月も、スタジオplus+をよろしくお願い致します。 

教室の様子をご紹介!スタジオplus+ブログ http://blog.livedoor.jp/st_plus/
最近の記事:【 字を書くということ 】


┏● 5.ご寄付のお願い
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆……………………………………………………………………………………………
【自在塾】『ひとり親家庭応援団』春の季節団員を募集します!
……………………………………………………………………………………………☆ 
「自在塾」では、3月26日より、春季講習が始まります。春季講習の授業料を
サポートする、『ひとり親家庭応援団』春の季節団員を募集します!

春季講習の授業料をサポートすることで、「春休みに頑張って、今までのニガテ
を克服したい!」「通常授業は受けられても、春季講習は受けられない…」とい
う、ひとり親家庭の生徒たちを応援できます。

〓〓〓〓【ニガテ克服!応援メニュー】〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

◎ 15,000円
ひとり親家庭の生徒1人の「1講座の受講料」になります。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓


【 お申し込み 】以下のリンクから、まずはお名前等をご登録ください!
http://goo.gl/fpp5W

☆……………………………………………………………………………………………
マンスリーサポーター『ひとり親家庭応援団』もよろしくお願いいたします!
……………………………………………………………………………………………☆
自在塾では、毎月定額で授業料をサポートすることで、ひとり親家庭の子ども
たちを応援できます。

「ひとり親家庭の現状って・・・?」
詳しくはこちらのチラシをご覧ください→ http://goo.gl/AWMjS

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
日頃よりご寄付・ご支援して下さる皆様、厚く御礼申し上げます。
当団体の理念をご理解頂き、嬉しく思うと同時に、大学生インターン
プロボノなど様々な属性を持つスタッフの励みになっております。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─ 


┏● 6.編集後記
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!広報の久野です。今年度最後の工房だより、いかがでしたか?
3月になり、だんだんと暖かい日が増えてきましたね。春の訪れは、他の季節のど
れよりも「節目」を感じます。

自在塾では中3生たちが新しい進路へと進み、塾の他の生徒やスタジオplus+の
子どもたちも、新しい学年に進級します。誰にとっても期待と緊張でいっぱいの
季節だなと感じます。

「ご報告」の記事でお伝えしました通り、私もダイバーシティ工房のインターン
を卒業し、4月から社会人になります!
8か月という少しの間でしたが、インターンを通じて、NPOのことや教育の問題、
発達障害の現状など、今まで知らなかったことをたくさん知りました。

そして、働いていく上で大切なことを、代表やスタッフ、プロボノの方々から学
びました。とくに、仕事への取組み方・考え方を、悩みながら身に着けてこれた
ことが大きいなと感じます。
社会人になって工房を離れても、ここで学んだことを忘れず、社会の課題に向き
合い、自分なりの解決策で挑み続ける人になりたいと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の配信は、4月21日(日)です。

…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
特定非営利活動法人 ダイバーシティ工房
広報 : 久野 恵未(くの めぐみ)、瀬良 兼司(せら けんじ)

住所:千葉県市川市市川4-10-18
TEL&FAX:047-711-8796
Email :diversity.kobo@gmail.com
BLOG:http://diversitykobo.blog.fc2.com/
Facebook:http://www.facebook.com/diversity.cobo
twitter:@diversity_kobo
…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
【 日本一家庭的な塾 自在塾 】
HP: http://www.jizaijyuku.com/
BLOG: http://ameblo.jp/jizaijyuku/
【 ひとり1人の学びを耕す 
 発達障害児専門教室 スタジオplus+ 】
HP: http://www.st-plus.org/
BLOG:http://blog.livedoor.jp/st_plus/
…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
★事業内容パンフレットはこちら! http://goo.gl/SW0Kd
★動画「自在塾の歩み」
・自在塾36年の歴史。
・理事長の不破がなぜ父の始めた「自在塾」を引き継いだのか。
・「自在塾」運営のなかで気づいた『発達障害』その現状と課題
がわかります!ぜひご覧下さい。  
http://www.youtube.com/watch?v=ker9R0wSKA4