活動の様子

2013年8月 一覧


【工房だより第16号】児童相談所の現場で知った、「学びの機会」の大切さ(スタジオplus+日誌より)

メルマガ用ロゴ地域のチカラで子どもを育てる
                 ダ ┃イ ┃バ┃ー ┃シ ┃テ ┃ィ ┃工 ┃房┃
                  ━┛ ━┛━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛━┛
                         2013.8.21 工房だより 第16号

………………………………………………………………………………
工房だよりは、ダイバーシティ工房を応援してくださっている方、
名刺交換させて頂いた方にお送りさせて頂いております。
不要の方は、お手数ですが[メルマガ不要]と記入して頂き、
【 diversity.kobo@gmail.com 】へ返信していただければ幸いです。
………………………………………………………………………………
メルマガバックナンバーはこちらからご覧頂けます。
http://diversitykobo.blog.fc2.com/blog-category-1.html
………………………………………………………………………………

┏●
┗┛MENU
1.ごあいさつ
2.求人情報   
3.自在塾日誌 日直:菊地
4.スタジオplus+日誌 日直:立田        
5.ご寄付のお願い
6.編集後記


┏● 1.ごあいさつ
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!先日青森のねぶた祭りに参加してきた経営企画室の白土です!
代表の不破が産休中のため、今回のご挨拶は私が担当させて頂きます。

現在、工房では、法人ホームページのリニューアルプロジェクトが進行中です。
NPO法人サービスグラントさんのご協力を頂き、プロボノの方と進めています。

ホームページのコンセプトは、「工房の取り組んでいる社会課題や私たちの思い
をしっかりと伝えられること」です。ホームページを通して、さらに私たちの活
動を理解・共感し、支援して下さる方や課題解決のため一緒に活動してくださる
方を増やしたいと思います。

完成は、12月を予定しています。
メルマガの中だけで、みなさまとお会いしているスタッフもホームページには登
場する予定です。みなさまに素敵なホームページを披露できるようプロボノの方
と頑張ります!

                              
┏● 2.求人情報
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆………児童発達支援管理責任者(常勤) …………………………………………
発達障害児専門教室「スタジオplus+」の現場責任者を募集します。
詳しい仕事内容・応募条件はこちらをご覧下さい。
http://goo.gl/IDXQU

☆………個別指導員募集 ………………………………………………………………
発達障害児専門教室「スタジオplus+」において発達障害を持つ幼稚園から小学
生のお子さんを主な対象に、1対1の個別で指導をする仕事です。
詳しい仕事内容・応募条件はこちらをご覧下さい。
http://goo.gl/IDXQU


┏● 3.自在塾日誌 日直:菊地
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!自在塾の菊地です。
うだるような暑さが続いていますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

私は先日、急に自然の中を散歩したい気持ちに駆られ、京成電鉄の駅の中でも
最も降車人数が少ないと言われる、京成大佐倉駅周辺を散歩してきました。
先に何があるかわからない坂道や長い階段を見つけ登っていると、
小学校低学年の頃の夏休みの、あのワクワクした気持ちを思い出しました。

◆講師の体験談で、受験生を激励しました

さて、去る8月4日に自在塾では「受験ガイダンス」を行いました。
場所は自在塾ではなく、NPO法人ダイバーシティ工房が運営するスタジオplus+の
市川駅前教室で行われました。

今回のガイダンスでは
・実際に入試の記述問題を解くこと
・夏休みの学習計画を立てること
・自在塾講師の高校受験体験談を聞くこと
・公立高校入試の傾向、内申点について知ること 
などを行いました!

◆「家庭学習ノート」が自信に繋がります

講師の受験体験談を話すということで、私は「家庭学習ノート」を作ることの大
切さを説明しました。

家庭学習ノートとは、その名の通り家庭での学習専用のノートです。
使い方として苦手な科目等は適宜ノートを変えますが、基本的には全教科同じも
のを使います。
そして、表紙に何冊目のノートであるかを記すことで「こんなに勉強したんだ」
という気持ちになることができるのです。
塾に行っていなかった私にとって、そのノートが唯一のやる気の源であり、
積み重ねられたノートそのものが自信でした。

小学校から大学に入った今も続けている家庭学習ノート、総数は400冊を超えまし
た。「継続は力なり」、この言葉の大切さを、生徒にも同じように体感してほし
いです。
努力に努力を重ねた結果 手に入れたものは、かけがえのない宝物となり
揺るぎない自信を与えてくれるでしょう。

そして、7月後半から始まった夏季講習も第3クールに突入しました。
中3生の中には「積極的に質問してきてくれるようになった」「宿題を
忘れずにやってくるようになった」など、嬉しい変化が見られています。

では、夏休み後半戦も、生徒と共に突っ走っていきたいと思います!


自在塾ってこんな塾!自在塾ブログ http://goo.gl/IsZJI
最新の記事:【夏季受験ガイダンスを行いました!】


┏● 4.スタジオplus+日誌 日直:立田
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。スタジオplus+ 個別指導員の立田です。

立秋も過ぎ、暦の上では秋……のはずですが、残暑厳しい毎日です。
夏休みは後半戦、夏を満喫しながらも、平日のリズムをそろそろ思い出したい時
でもありますね。
学生時代、剣道部に所属していたので、夏休みも合宿があったりと稽古三昧でし
た。よく言われますが、本当に剣道の防具の香りは、乙女には悩みの種でした…
今となっては、良い思い出ですけれど。

◆子ども達の生きる原動力となる、学びの機会を提供したい

私は数年前まで、児童相談所の職員でした。
そこで実感した、子ども達を取り巻く問題についてお話しします。

児童相談所に保護される子ども達は、理由はそれぞれ異なりますが、概ね落ち着
いて学習出来るような環境には育っていません。
「どうせ自分は出来ない、学ぶことなんてつまらない」
そう思い、態度に表します。

保護中は、個別に教材を用意したり、興味が持てるよう工夫をしてみたりと試行
錯誤しながら、できるところから学習を進めます。
生活が落ち着き、気持ちにも変化が現れ、「高校に行きたい」「高校を卒業した
ら、○○がしたい」と言うようになる子達もいます。
その気持ちはそのまま、子ども達の生きる希望になります。

そして数か月すると、家庭に戻るなり、施設に行くなりと別の生活が待っていま
す。私達は「頑張って、高校に行ってほしい」「そして、今まで大変だった分、
夢を叶えてほしい」と祈りながら見送ります。

しかし「高校に行きたい」と本人が思っていても、学校の授業についていける力
が身についていないことがほとんどです。
戻る家庭の多くは経済的に裕福ではなく、塾に通わせる余裕などありません。
彼らが人生を切り開いていくのは、並大抵のことではないのです。

成績が良ければ幸せになれる訳ではありませんが、本来皆が持っている学ぶ喜び
や、自尊心や、努力が実ったという達成感などが、幸せな人生を歩く原動力にな
ると思います。

その子にあった方法で、学べる機会を作ること。
その意義はとても大きいと思い、お仕事をさせていただいています。

スタジオplus+スタッフブログ http://goo.gl/9L11a
最新の記事:【8の字の無限大】


┏● 5.ご寄付のお願い
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆……………………………………………………………………………………………
ひとり親家庭応援団(マンスリーサポーター)募集中! 
1,000円/月からお申し込み頂けます!
団員には、大学職員の方や中学校教師の方などがいらっしゃいます。
……………………………………………………………………………………………
★☆団員の方の声☆★
《近藤牧子さん 教育関係者(大学)》
様々な事情を抱える大人たち、家庭があります。けれども、そのことが子ども
の自尊心、生き方に“前に進んで生きづらい”影響をもたらしてしまうのであ
れば、大人が助け合わなければいけないと思っていました。

私も大人であり、家庭もあり、事情もありますが、
自分が手助けできることはして、してもらい時は、また誰かにしてもらいたい
です。

①ひとり親家庭応援団とは?★☆
ひとり親家庭応援団とは、毎月1,000円〜で継続的に寄付を頂くことで、ひとり
親家庭の中高生を経済的に応援していただく制度です。頂いた寄付は、ひとり親
家庭の中高生の授業料として使用させていただきます。

②経済的な支援が必要な理由★☆

ひとり親家庭は、世帯収入が一般家庭平均の3分の1しかありません。
平均世帯収入は563万円ですが、ひとり親家庭は211万円です。
また、その中でも教育費にかけられる支出は、一般平均家庭の半分です。
さらに、自在塾のある千葉県には、ひとり親家庭の中学生を経済的にサポート
してくれる制度がありません。

そのため、ひとり親家庭の中高生は、経済的な要因により、十分な学びの機会を
失っている現状があります。あなたが団員になることで、「お金がないから、授
業を受けられない」という生徒をなくすことができます。

③団員になるには?★☆

毎月のサポート金額は、以下の5種類からお選びいただけます。
銀行口座の自動引き落としになりますので、初回のみの登録で翌月からは自動で
寄付できます。ひとり親家庭の子どもの授業料は、1ヶ月・1教科で15,000円です。

【 応援メニュー 】
◎ 1,000円/月…団員15人で
◎ 3,000円/月…団員5人で
◎ 5,000円/月…団員3人で
◎ 7,500円/月…団員2人で
◎  15,000円/月…団員1人で
ひとり親家庭の子ども1人の1ヶ月・1教科の授業料になります。

【 お申し込み 】以下のリンクから、まずはお名前等をご登録ください!
http://goo.gl/fpp5W

【 ひとり親家庭応援団 募集チラシ 】は以下のリンクからご覧になれます。
http://goo.gl/AWMjS

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
 日頃よりご寄付・ご支援して下さる皆様、厚く御礼申し上げます。
 当団体の理念をご理解頂き、嬉しく思うと同時に、大学生インターン
 プロボノなど様々な属性を持つスタッフの励みになっております。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


┏● 6.編集後記
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!広報の久野です。
先週末は、上京して、卒業ぶりに工房のスタッフと会ってきました^^
事務局長候補の方も迎え、みんなで焼肉を食べてきました。

普段、メルマガの仕事を通じてスタッフとやりとりをしていますが、実際に会っ
て、近況報告をし、おいしいものを食べ、いろいろな話をすることは、やはり格
別だな~と思いました。

卒業をしてまだ半年にも満たないですが、スタジオplus+に新しい教室が出来たり
新しいスタッフの方が加わったりと、良い変化をたくさん実感しました!

このメルマガを読んでくださる皆様にも、そんな雰囲気を今後もお伝えしていけ
るといいなと思います!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の配信は、9月20日(金)です。

…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
特定非営利活動法人 ダイバーシティ工房
広報 : 久野 恵未
◯〒272-0034 千葉県市川市市川4-10-18
◯Tel : 047-711-8797
◯E-mail : diversity.kobo@gmail.com
…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
【 自在塾 】
 HP: http://www.jizaijyuku.com/
 BLOG: http://ameblo.jp/jizaijyuku/
【 ひとり1人の学びを耕す
  発達障害児専門教室 スタジオplus+ 】
 HP: http://www.st-plus.org/
…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
★事業内容パンフレットはこちら! http://goo.gl/SW0Kd
★動画「自在塾の歩み」
◯自在塾36年の歴史。
◯理事長の不破がなぜ父の始めた「自在塾」を引き継いだのか。
◯「自在塾」運営のなかで気づいた『発達障害』その現状と課題
がわかります!ぜひご覧下さい。  http://goo.gl/wLixL