活動の様子

2013年12月 一覧


【工房だより第20号】1,000円からできる!ひとり親家庭応援団、冬の季節団員を募集します!

メルマガ用ロゴ地域のチカラで子どもを育てる
                 ダ ┃イ ┃バ┃ー ┃シ ┃テ ┃ィ ┃工 ┃房┃
                  ━┛ ━┛━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛━┛
                         2013.12.20 工房だより 第20号

………………………………………………………………………………
工房だよりは、ダイバーシティ工房を応援してくださっている方、
名刺交換させて頂いた方にお送りさせて頂いております。
不要の方は、お手数ですが[メルマガ不要]と記入して頂き、
【 diversity.kobo@gmail.com 】へ返信していただければ幸いです。
………………………………………………………………………………
メルマガバックナンバーはこちらからご覧頂けます。
http://diversitykobo.blog.fc2.com/blog-category-1.html
………………………………………………………………………………

┏●
┗┛MENU
1.代表 不破からのごあいさつ
2.お知らせ ‐メルマガ第20号となりました!‐  
3.自在塾日誌 ‐消極的だった生徒が、心を開いてくれた理由とは?‐      
4.ご寄付のお願い ‐ひとり親家庭応援団、季節団員を募集します‐
5.編集後記


┏● 1.代表 不破からのごあいさつ
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【組織が大きくなる時に考える事】

今年ももうあと10日で終わりとなりますね。

去年に引き続き、今年も法人内部で事業報告会を行うためその準備をしています
が今年新しく入ってきたスタッフの多さにびっくりします。

2013年は自分の働き方に大きな変化がありました。

年明けに妊娠がわかり、6月からは社会福祉士の実習へ週3日の2か月間通い、
8月からは産休を取り、現在も週の大半の時間在宅勤務をしています。

こんな風に働くのは去年の今頃では絶対に無理だったので、この1年で組織とス
タッフが大きく成長した事を実感します。

常に人が足りない中、大きな問題なく3つの教室を運営してくれた職員に改めて
感謝の気持ちでいっぱいです。


それと同時に法人設立前から関わってきてくれたインターン生の白土と小久保が
この春には卒業していくことには不安を覚えます。


2012年ははそれまで個人単位で行っていた仕事のマニュアル作成や、教室運営の
定型化講師育成、新入職員へのミッション、ビジョンの共有などの研修を作るの
がやっとでした。

今年は学生ではない中途の職員と「どうやって立ち上げ時のミッションやビジョ
ン、クレドなどを共有し、一緒に目標に向かって行くのか」を考える新たな段階
に来たと感じています。

また私を含め、子どもをもつ職員が増えた事からこれまでの様に長時間の合宿や
夜遅くまでの会議などが難しくなっています。

こんな組織作りの課題がまだまだたくさんありますが、組織作りの課題が毎年変
わっていくことも、組織が成長している1つの印なのだと思うと何だか嬉しくなる
のも事実です。

2014年もダイバーシティ工房を宜しくお願いいたします。

                              
┏● 2.お知らせ
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆……………………………………………………………………………………………
 ダイバーシティ工房メルマガ「工房だより」第20号となりました!
……………………………………………………………………………………………☆

いつもNPO法人ダイバーシティ工房をご支援頂き、ありがとうございます。
本メルマガも、今号で20号となりました!

☆……………………………………………………………………………………………
 メルマガアンケートのご回答をお願いいたします!
……………………………………………………………………………………………☆

今後も、もっと読者のみなさまの読みたい内容、知りたい情報をお届け
したい…!と思っております。ぜひ、みなさまの声をお聞かせください!

アンケート回答はこちら★→ https://questant.jp/q/CP36GBTL

ご回答いただいた内容をもとに、メルマガのさらなる改善をしていきます。
回答は1分で終わります!ぜひご協力をお願いいたします!


┏● 3.自在塾日誌 ‐消極的だった生徒が、心を開いてくれた理由とは?‐
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは! 自在塾の小久保です。

先日、ほとんどの学校で今年最後の定期テストが終了し、今年も残すところ1ヶ
月となりました。
冬休みはクリスマス、お正月とイベントが盛りだくさんなので、今から待ち遠し
く思っている生徒も多いのではないでしょうか。(自分も待ち遠しいです!)

一方、中3生にとっては同じ冬休みでも、受験前最後の冬休みということで、そ
の意味合いが大きく変わってきます。また、それは本人たちの行動や態度にも表
れてきています。

例えば、これまでは勉強に対して受け身の姿勢だった生徒が、自分から積極的に
質問をしに来るようになったり、無料開放している自習室を頻繁に利用するよう
になるなど、講師としては嬉しいかぎりです。

その中でも、特に心に残ったのは、田村さん(仮名)の変化です。
田村さんは今まで自分が勉強が苦手であることに対して、どこかコンプレックス
を抱いていて、講師とコミュニケーションをとることにも消極的でした


また、テストの点数や志望校に関する話をしても、拒否反応を示して何も教えて
くれませんでした。今思えば、田村さんの家は一人親家庭であるという事情もあ
り、進路を決める難しい時期を過ごす中で、心のどこかで不安や孤独を感じてい
たのかもしれません。

それが今では、明るく元気に話してくれるようになりましたし、志望校について
も自分から相談しに来てくれるようになりました。このような変化が起きたのは、
何か決定的なきっかけがあったからではありません。それは講師たちが、本人が
どんなことに興味があるのか、どんな学校生活を送っているのか、どんな悩みを
抱えているのかなど、生徒のことを知る努力を続け、本人の心の繊細な部分に触
れないよう慎重に根気強くコミュニケーションをとり続けた結果です。

こうした努力があったからこそ、田村さんが徐々に自在塾を『自分の居場所』と
して捉えてくれるようになり、心を開いてくれた
のだと思っています。

今後も、自在塾が単に勉強を教わる場所としてだけではなく、一人一人に親身に
寄り添う講師のいる家庭的な場所として、生徒の力になれれば良いと考えていま
す。

以上、小久保でした!


自在塾ってこんな塾!自在塾ブログ http://goo.gl/D7vF6f
最新の記事:【 冬季講習を受講する生徒必見 】


┏● 4.ご寄付のお願い
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆……………………………………………………………………………………………
 受験直前!季節団員を募集します!【自在塾のひとり親家庭応援団】
……………………………………………………………………………………………☆

「ささやかだけれど、こういう形の応援したいと思っていた」

ひとり親家庭応援団の多くの方がおっしゃる言葉です。

決して“ささやか”ではありません。
経済的、家庭的に困ったことがある子どもたちにとって、
塾に「続けて」くること、それがとても大事なことなのです。

「塾に来ること」で、地域から孤立することを防げるからです。
………………………………………………………………………………………………
「自在塾」では、12月下旬から冬季講習が始まります。
冬季講習の授業料をサポートする『ひとり親家庭応援団』季節団員を募集します!


受験生にとって、入試に向けて最後の追い込みの時期になりました。

現在、自在塾には、ひとり親家庭の受験生は2人です。
「冬季講習に参加できない…」という、ひとり親家庭の受験生を応援しませんか。


【受験直前! 応援メニュー 】3種類あります。全て1回限りの寄付です。

① 1,000円…寄付者30人で

② 5,000円…寄付者6人で

③10,000円…寄付者3人で


ひとり親家庭の受験生1人の「英語・数学特訓講座講習料」になります。


【 入団をお考えの方へ 】応援団のチラシが以下のリンクからご覧になれます。
 http://goo.gl/Kl9Woz

【 季節団員になるには? 】以下のリンクから、お名前等をご登録ください!
 http://goo.gl/j9YMls

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
 日頃よりご寄付・ご支援して下さる皆様、厚く御礼申し上げます。
 当団体の理念をご理解頂き、嬉しく思うと同時に、大学生インターン
 プロボノなど様々な属性を持つスタッフの励みになっております。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


┏● 5.編集後記
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!広報の久野です。あっという間に今年も残りわずかですね。
年末年始はイベントがたくさんですが、その中でも私は忘年会が好きです!
一緒に働いた人と、友達と、いろんなことを話しながら楽しくお酒を飲んで…
大人になってよかったなと思う行事です。笑 

工房の事業報告会+忘年会も年末に行うので、今からとっても楽しみです。当日
の様子は来月、本メルマガでもお伝えしたいと思います!

今年も、ダイバーシティ工房をご支援くださり、ありがとうございました。
本メルマガも、今号で20号を迎え、いつも読んで下さる読者の皆様に感謝の気持
ちでいっぱいです。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
次回の配信は、1月21日(火)です。

それでは、良いお年を!
…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
特定非営利活動法人 ダイバーシティ工房
広報 : 久野 恵未
◯〒272-0034 千葉県市川市市川4-10-18
◯Tel : 047-711-8797
◯E-mail : diversity.kobo@gmail.com
…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
【 自在塾 】
 HP: http://www.jizaijyuku.com/
 BLOG: http://goo.gl/D7vF6f
【 ひとり1人の学びを耕す
  発達障害児専門教室 スタジオplus+ 】
 HP: http://www.st-plus.org/
…*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……*……
★事業内容パンフレットはこちら! http://goo.gl/SW0Kd
★動画「自在塾の歩み」
◯自在塾36年の歴史。
◯理事長の不破がなぜ父の始めた「自在塾」を引き継いだのか。
◯「自在塾」運営のなかで気づいた『発達障害』その現状と課題
がわかります!ぜひご覧下さい。  http://goo.gl/wLixL