活動の様子

2014年2月 一覧


【工房だより第22号】祝★ダイバーシティ工房HPが一部オープンしました!

メルマガ用ロゴ地域のチカラで子どもを育てる
                 ダ ┃イ ┃バ┃ー ┃シ ┃テ ┃ィ ┃工 ┃房┃
                 ━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛━┛
                         2013.2.21 工房だより 第22号

………………………………………………………………………………
メールアドレスを【 info@diversitykobo.org 】に変更しました。
お手数ですが、ご登録をお願いいたします。
………………………………………………………………………………
工房だよりは、ダイバーシティ工房を応援してくださっている方、
名刺交換させて頂いた方にお送りさせて頂いております。
不要の方は、お手数ですが[メルマガ不要]と記入して頂き、
【 info@diversitykobo.org 】へ返信していただければ幸いです。
………………………………………………………………………………
メルマガバックナンバーはこちらからご覧頂けます。
http://diversitykobo.blog.fc2.com/blog-category-1.html
………………………………………………………………………………


┏●
┗┛MENU
1.代表 不破からのごあいさつ
2.お知らせ ‐ダイバーシティ工房HPが一部オープンしました!‐  
3.採用情報
4.スタジオplus+日誌 ‐音楽療法特別授業を行いました‐        
5.ご寄付のお願い
6.編集後記


┏● 1.代表 不破からのごあいさつ
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
年が明けたと思ったら、あっという間に2月も終わりに近づいていますね。
今年の2月は雪が多く、自在塾やスタジオplus+の生徒、そしてスタッフも
事務所や教室へ通ってくるのが大変です。

私事ですが、この2月から娘が保育園に通うようになりました。母親や周りの人
から「保育園に入れると最初は帰って来てからずっと泣くよ、大変よ~」と言わ
れていましたが、実際入れてみたら全然問題ありません。

むしろ保育園に行った日の方が機嫌もいいし、よく笑い、よく眠ります。

娘が通うのは高校時代の友人のお母さんが運営している小さな認可外保育園です。
自在塾もかなりボロくて小さめの塾ですが、そこの保育園も負けず劣らず小さく
古そうな建物です。

でも働いている保育士さんは皆いつも笑顔で、娘を預けに行くと「行ってらっし
ゃ~い」迎えに行くと「おかえりなさ~い」ととっても温かく迎えてくれます。

娘も家で私と夫と3人で居た時より、最近は前より少し成長した表情をしていま
す。

当たり前かもしれませんが、子どもは家族だけでなく色んな人に愛情を注がれて
生きていけたら幸せだよな、とスヤスヤ眠る娘の顔を見て思います。

保育園に入れるのは「親が働きたいから」だけでなくて「子どもにとっても自然
な事なんだ」と思えるキッカケとなりました。

自在塾やスタジオplus+も、通ってくる子ども達やお母さんたちにとって「安心
できる場所」になるよう新年度に向けて益々頑張りたいと思います!


                             
┏● 2.お知らせ
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆……………………………………………………………………………………………

 祝★ダイバーシティ工房ホームページが一部オープンしました!
……………………………………………………………………………………………☆

こんにちは、経営企画室の白土です!
みなさん、2月14日、バレンタインデーは大雪で大変でしたね。
工房ではこの日、ダイバーシティ工房ホームページが一部オープンしました!

完全なオープンは3月を予定していますが、メルマガをご購読頂いているみなさん
に私、白土がおススメしたいのが「あなたにとって働くとは?」という動画です!

2分の短い動画なので、お昼休みに、寝る前に、通勤途中に、ぜひご覧下さい!
こちらのページ最下部からご覧になれます。
http://goo.gl/1sBq5A

あなたにとって働くとはなんですか?

※このホームページは、NPO法人サービスグラントさんのご協力を受けて、
プロボノのみなさんと作成しています。


┏● 3.採用情報
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
工房が運営する「スタジオplus+」では4職種を大募集中です。

①個別指導員(常勤・非常勤)
発達・学習の遅れが気になるお子さんに学習指導を含む生活支援を行うお仕事で
す。
未経験可!障害者・児と関わったことがある方や塾で先生をしていた方大歓迎!

★詳しくはこちら★
(常勤)
http://goo.gl/1AJQ3r
(非常勤)
http://goo.gl/kgbvtf


②教室長・副教室長(どちらも常勤)
スタジオplus+に通う生徒さんへの学習・生活支援の他に、教室の運営業務を行
います。
福祉・教育業界で3年以上経験がある方大歓迎!

★詳しくはこちら★
(教室長・経験4年半以上ある方)
http://goo.gl/FA7mnu
(副教室長・経験3年以上ある方)
http://goo.gl/STUPLA


┏● 4.スタジオplus+日誌 ‐音楽療法特別授業を行いました‐
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。事務局の座間です。

◆スタジオplus+では初となる音楽療法の授業が行われました。

2月11日(火・祝)スタジオplus+市川駅前教室では、初の試みとなる、音楽療法
特別授業が開催されました。

講師の猪野純先生は、日本音楽療法学会認定音楽療法士で、市川市内で音楽教室
「いのミュージック・ラボFUN」を主宰している方です。音楽教育、保育、音楽療
法の分野で幅広く実践・研究・執筆活動をされていらっしゃいます。

当日は、猪野先生と、同じく音楽療法士のながやま先生がお二人で、午前と午後
の2回の授業をしてくださいました。


◆みんな笑顔のあふれる楽しい授業になりました。

授業の中で、ピアノの音楽に合わせて、まず先生がたいこをたたき、そのあと生徒
さんが先生につづいてたいこをたたく、という活動がありました。

生徒さんは、自分の番が待ちきれずあわてて立候補したり、いざ、順番が来ると緊
張してしまって手を引っ込めてしまったり、満面の笑顔で自信満々に張り切ってた
たいたりと、それぞれ、自分らしく参加していました。

猪野先生が、そっとたいこをたたいて促したり、「かっこいいね」とほめたりしな
がら、活動がすすんでくると、みんなすっかりリラックスして、グループに一体感
が生まれ、次第に、他のお友だちが演奏する番でも自分がたたいているかのような
笑顔で見守る様子がみられるようになりました。

音楽療法に対する保護者の方々の関心は非常に高く、多くの保護者の方が授業見学
をしてくださいました。見守る保護者の方や、スタッフからも絶えず笑い声や拍手
がこぼれ、とても温かく楽しい時間となりました。


◆今後もいっそう楽しくご満足いただける授業を企画していきます!

講師にとっても、音楽療法士の先生の生徒さんへの働きかけ方、音楽を介した生徒
さん同士の関わりのあり方など、学ぶことの多い授業となりました。

なにより、生徒さんと保護者の方が、終始、リラックスした様子で、笑顔が多くみ
られたことで、楽しい気持ちを共有しながら、みんなで一緒に過ごすことの大切さ
を再確認しました。

授業後のアンケートの反響も大きく、引き続き音楽療法を希望される声や、他の特
別授業(工作・美術・作業療法など)に対する希望も多く寄せられました。

ご要望にお応えして、音楽療法の特別授業の第二回を企画予定です。
また、他の特別授業についても、情報を集め、生徒さんにとって楽しく、保護者の
方々にご満足いただける授業をもっともっと企画していきたいです!


スタジオplus+スタッフブログ http://goo.gl/9YW9Xg
最新の記事:【 音楽療法から学んだこと 】

 

┏● 5.ご寄付のお願い
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆……………………………………………………………………………………………
マンスリーサポーター募集中! 1,000円/月からお申し込み頂けます!
★★★★★★★★★★団員が1名増えました!★★★★★★★★★★★★
……………………………………………………………………………………………☆

「ささやかだけれど、こういう形の応援したいと思っていた」

ひとり親家庭応援団の多くの方がおっしゃる言葉です。
決して“ささやか”ではありません。
経済的、家庭的に困ったことがある子どもたちにとって、
塾に「続けて」通うことがとても大事なことなのです。
それを支えているのが、ひとり親家庭応援団です。


①ひとり親家庭応援団とは?★☆

ひとり親家庭応援団とは、毎月1,000円〜で継続的に寄付を頂くことで、ひ
とり親家庭の中高生を経済的に応援していただく制度です。頂いた寄付は、ひと
り親家庭の中高生の授業料として使用させていただきます。

②経済的な支援が必要な理由★☆

ひとり親家庭は、世帯収入が一般家庭平均の3分の1しかありません。
平均世帯収入は563万円ですが、ひとり親家庭は211万円です。
また、その中でも教育費にかけられる支出は、一般平均家庭の半分です。
さらに、自在塾のある千葉県には、ひとり親家庭の中学生を経済的にサポートし
てくれる制度がありません。

そのため、ひとり親家庭の中高生は、経済的な要因により、十分な学びの機会を
失っている現状があります。あなたが団員になることで、「お金がないから、授
業を受けられない」という生徒をなくすことができます。

③団員になるには?★☆

毎月のサポート金額は、以下の5種類からお選びいただけます。銀行口座の自動
引き落としになりますので、初回のみの登録で翌月からは自動で寄付できます。
ひとり親家庭の子どもの授業料は、1ヶ月・1教科で15,000円です。

【 応援メニュー 】
◎ 1,000円/月…団員15人で
◎ 3,000円/月…団員5人で
◎ 5,000円/月…団員3人で
◎ 7,500円/月…団員2人で
◎15,000円/月…団員1人で
ひとり親家庭の子ども1人の1ヶ月・1教科の授業料になります。

【 入団をお考えの方へ 】応援団のチラシが以下のリンクからご覧になれます。
 http://goo.gl/Kl9Woz

【 団員になるには? 】以下のリンクから、お名前等をご登録ください!
 http://goo.gl/j9YMls

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
 日頃よりご寄付・ご支援して下さる皆様、厚く御礼申し上げます。
 当団体の理念をご理解頂き、嬉しく思うと同時に、大学生インターン
 プロボノなど様々な属性を持つスタッフの励みになっております。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


┏● 6.編集後記
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!広報の久野です。2月に入ってますます寒い日が続いていますね。
最近は、家に帰ってオリンピック観戦が日課になっている私です。

ふだんはあまりスポーツ観戦しないのですが、見始めると知らなかった競技にも
興味がわいて、熱くなりますね!結果はどうあれ、インタビューで、選手の方が
「家族や周りの人への感謝」を異口同音に話しているのを聞いてすごいなーと思
いました。自分の努力は当然としたうえで、周りに感謝する…私も、そんな謙虚
な姿勢を持って働きたいなと思いました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の配信は、3月21日(金)です。


★――――メールアドレスを変更しました――――★
★―――お手数ですがご登録お願い致します―――★
  新メールアドレス:info@diversitykobo.org
********************************************************************
NPO法人ダイバーシティ工房
~全ての子ども達が環境に関係なく自立できる社会へ~

住所:千葉県市川市市川4-10-18
TEL:047-711-8796 FAX:047-711-8797
Email :info@diversitykobo.org
BLOG:http://diversitykobo.blog.fc2.com/
Facebook:http://www.facebook.com/diversity.cobo
twitter:@diversity_kobo
********************************************************************
【 日本一家庭的な塾 自在塾 】
 HP: http://www.jizaijyuku.com/
 BLOG: http://ameblo.jp/jizaijyuku/
【 ひとり1人の学びを耕す 
  発達障害児専門教室 スタジオplus+ 】
 HP: http://www.st-plus.org/
 BLOG:http://blog.livedoor.jp/st_plus/
********************************************************************

 


ダイバーシティ工房ホームページを公開しました

ダイバーシティ工房のホームページをリニューアル公開いたしました。
是非ブックマークをお願いいたします。

http://diversitykobo.org/

logo

|2014.02.14|お知らせ