活動の様子

【工房だより第24号】新入職員が入社しました!「私が工房に入社した理由」

メルマガ用ロゴ地域のチカラで子どもを育てる
ダ ┃イ ┃バ┃ー ┃シ ┃テ ┃ィ ┃工 ┃房┃
━┛ ━┛━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛ ━┛━┛
2013.4.21 工房だより 第24号

………………………………………………………………………………
メールアドレスを【 info@diversitykobo.org 】に変更しました。
お手数ですが、ご登録をお願いいたします。
………………………………………………………………………………
工房だよりは、ダイバーシティ工房を応援してくださっている方、
名刺交換させて頂いた方にお送りさせて頂いております。
不要の方は、お手数ですが[メルマガ不要]と記入して頂き、
【 info@diversitykobo.org 】へ返信していただければ幸いです。
………………………………………………………………………………
メルマガバックナンバーはこちらからご覧頂けます。
………………………………………………………………………………

┏●
┗┛MENU
1.代表 不破からのごあいさつ
2.お知らせ
  ~新入職員が入社しました!「私が工房に入社した理由」~  
3.スタジオplus+日誌‐学年とともに、生徒の気持ちも成長しています‐         
4.ご寄付のお願い
5.編集後記


┏● 1.代表 不破からのごあいさつ
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
桜の花もすっかり散り、2014年度がスタートしましたね。ダイバーシティ工房で
はこの春、新たに常勤・非常勤の職員が4名ずつ入職しました。

文部科学省からの転職者や大学を出たばかりの新卒者、6月には元インターン生
で、そして現在もメルマガ担当の久野も戻ってくる予定です。

現在ダイバーシティ工房では18歳~72歳までの職員が常勤で働いており、また学
歴や経歴も本当に多様です。それでも笑いが絶えず、皆が同じビジョンに向かっ
ていけることをとても誇りに思っています。


今年度はスタジオplus+の3教室目の開校と、創業以来初の行政の委託事業にも
チャレンジする予定です。
そしてこの1年は今後、3年間で市川市を超えて全国にサービスを提供するための
新たな礎をつくる年となります。


少しずつ、組織やサービス範囲が大きくなっている工房ですが、創業時に大切に
していた「一緒に働く人を大切にすること」「自分が働くことの価値と成果を意
識すること」そして「どんなに大変な時も笑いが絶えない」文化を今後も継承し
ていきたいと思っています。

                             
┏● 2.お知らせ
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆……………………………………………………………………………………………

 新入職員の「私が工房に入社した理由」スタジオplus+講師・池田直美編
……………………………………………………………………………………………☆


はじめまして。4月からスタジオplus+の講師になりました池田と申します。
入社して日は浅いですが、生徒達の笑顔や言葉に元気をもらって毎日を過ごして
います。

さて、私がスタジオplus+に興味を持ったのは、大学生の頃に出会った1人の女の
子がきっかけでした。
小学1年生だった彼女は、数を数えることも足し算もできるのに、引き算だけが
どうしてもできなかったのです。私はどうにか引き算ができるようにと奮闘しま
したが、残念ながら習得させてあげることができませんでした。

結果的にその子は支援級に移ることになったのですが、支援級に移るということ
だけが問題解決の手段ではなかったのではないかと疑問に感じていました。

そんな私はダイバーシティ工房の存在を知ったときに「これだ!」と思ったのです。
自在塾とスタジオplus+は、子どもたちの多様な個性を受け入れる温かい場所だと
私は考えています。
そんな教室で、子どもたちの明るい未来を切り開く一助となれればと思い、仕事を
させて頂くことになりました。

至らないこともあるかと思いますが、どうぞよろしくお願い致します。

☆……………………………………………………………………………………………

 「日本仕事百貨」に掲載中!広報の業務委託スタッフを募集しています!
……………………………………………………………………………………………☆


現在、ダイバーシティ工房では広報の業務委託スタッフを募集しています。
詳しい内容は、こちらをご覧ください! ⇒http://goo.gl/B2ON0L

仕事を選ぶのは「内容や条件・待遇だけではない」とお考えの方、ぜひご一読
ください!
ダイバーシティ工房が大切にしている思いを感じて頂ける内容になっています。
http://goo.gl/B2ON0L


┏● 3.スタジオplus+日誌‐学年とともに、生徒の気持ちも成長しています‐
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは。スタジオplus+市川駅前教室講師の石澤です。
春休みも終わり、いよいよ新学期が始まりました。スタジオplus+にも新しいス
タッフが加わり、いつでも「こんにちはー!」と明るい挨拶で生徒さんをお出迎
えしています! 教室の中はにぎやかな雰囲気で、活気に満ち溢れています。

スタジオplus+の生徒さんも一学年、お兄さん・お姉さんになり、今までとは違
った一面を見せてくれるようになりました。

今まで、自分ができるものだけしか手を付けようとしなかった生徒さんが、
「もう二年生だから自分でできる!」と、学習面でも生活面でも、自ら次のステ
ップに進んで行動できるようになってきました。
また、自然と年下の子の面倒を見てくれるようになった生徒さんもいます。

授業中は、生徒さんのどんな小さな変化も見逃さないように、気づいたことを
お母さんに報告し、一緒に生徒さんの成長ぶりを喜んでいます!

一つ学年が上がって、生徒さんの成長がますます感じられてうれしい気持ちと、
これからどのようなお兄さん・お姉さんになっていくかという期待の気持ちで
いっぱいです。

今後も、生徒さんのことを一番に考え、ともに私も成長していきたいと思います。
今年度もスタジオplus+をよろしくお願いします。

スタジオplus+スタッフブログ http://goo.gl/4EKKFO
最新の記事:【 新しい年度を迎えて 】


┏● 4.ご寄付のお願い
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆……………………………………………………………………………………………
マンスリーサポーター募集中! 1,000円/月からお申し込み頂けます!
……………………………………………………………………………………………☆

「ささやかだけれど、こういう形の応援したいと思っていた」

ひとり親家庭応援団の多くの方がおっしゃる言葉です。
決して“ささやか”ではありません。
経済的、家庭的に困ったことがある子どもたちにとって、
塾に「続けて」通うことがとても大事なことなのです。
それを支えているのが、ひとり親家庭応援団です。


①ひとり親家庭応援団とは?★☆

ひとり親家庭応援団とは、毎月1,000円〜で継続的に寄付を頂くことで、ひ
とり親家庭の中高生を経済的に応援していただく制度です。頂いた寄付は、ひと
り親家庭の中高生の授業料として使用させていただきます。

②経済的な支援が必要な理由★☆

ひとり親家庭は、世帯収入が一般家庭平均の3分の1しかありません。
平均世帯収入は563万円ですが、ひとり親家庭は211万円です。
また、その中でも教育費にかけられる支出は、一般平均家庭の半分です。
さらに、自在塾のある千葉県には、ひとり親家庭の中学生を経済的にサポートし
てくれる制度がありません。

そのため、ひとり親家庭の中高生は、経済的な要因により、十分な学びの機会を
失っている現状があります。あなたが団員になることで、「お金がないから、授
業を受けられない」という生徒をなくすことができます。


【 入団をお考えの方へ 】詳細は以下リンクからご覧下さい。
 http://diversitykobo.org/contribute/money/

─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
 日頃よりご寄付・ご支援して下さる皆様、厚く御礼申し上げます。
 当団体の理念をご理解頂き、嬉しく思うと同時に、大学生インターン
 プロボノなど様々な属性を持つスタッフの励みになっております。
 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─


┏● 5.編集後記
┗┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
こんにちは!広報の久野です。もうすっかり春になりましたね。皆様いかがお過
ごしでしょうか?工房にも新入職員が入社し、新たな気持ちで新年度が始まりま
した!
代表のあいさつにもありましたように、私、久野も6月より工房に戻ることにな
りました。1年間、愛知県でメルマガを発行してきましたが、6月からは千葉で
の勤務を再開します!今は準備で目まぐるしいですが、新たな一歩に今からとっ
てもわくわくしています。
今年度も、ダイバーシティ工房をよろしくお願いいたします!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。
次回の配信は、5月21日(水)です。

□■□
特定非営利活動法人 ダイバーシティ工房
info@diversitykobo.jp / TEL:047-711-8796/ FAX:047-711-8797

Web :http://diversitykobo.org/
[日本一家庭的な塾] 自在塾 :http://www.jizaijyuku.com/
[ひとり1人の学びを耕す 発達障害児専門教室] スタジオplus+: http://www.st-plus.org/