寄付をする

お金を寄付する

写真トップ_031967 年“学ぶことで自分自身が自由自在になれる”
そんな想いから千葉県市川市で生まれた「自在塾」は、子どもたちの家庭の経済状況に関係なく、学べる環境を提供してきました。

経済的に困難な子どもたちが学ぶための財源を支えているのは、マンスリーサポーター制度
『ひとり親家庭応援団』です。団員(サポーター) が
増えると「学ぶ」という選択肢を持つことが
できる子どもが、また1人増えます。

 

①ひとり親家庭応援団とは?
点線_03
応援団員&吹き出し_03毎月1,000 円~で継続的に寄付を頂くことで、
ひとり親家庭の中高生を経済的に応援していただく制度です。
頂いた寄付は、ひとり親家庭の中高生の授業料として
使用させていただきます。

お金を寄付するデザイン_13



②経済的な支援が必要な理由
点線_03

お金を寄付するデザイン_02
お金を寄付するデザイン_03
日本の平均世帯年収は563万円です。一方、ひとり親家庭の平均世帯年収は211万円です。つまり、ひとり親家庭は、世帯収入が一般家庭平均の3 分の1 しかありません。

 

お金を寄付するデザイン_06
その中でも教育費にかけられる支出は、一般平均家庭の半分です。ひとり親家庭の約半数の家庭における貯金額は50万円以下です。年々増える教育費は、家庭の財政に大きな負担となっています。





お金を寄付するデザイン_03
自在塾のある千葉県には、ひとり親家庭の中学生を経済的にサポートしてくれる制度がありません。(※東京都の場合:チャレンジ支援特別貸付金:塾などの用を無利子で貸付、高校に進学すれば返済免除)お金を寄付するデザイン_02お金を寄付するデザイン_02

 



③応援団員のみなさんの声

点線_03
undoukai_ouen_boy_red

団員No.1 平野幸子さん
・ご職業:大学職員
・団員歴:2012年9月〜
お金を寄付するデザイン_02 お金を寄付するデザイン_07



④ひとり親家庭応援団の入団をご検討されている方へ点線_03

お金を寄付するデザイン_29
お金を寄付するデザイン_02

お金を寄付するデザイン_11

お金を寄付するデザイン_14まずは左記リンクから、お名前等をご登録ください。
その後必要書類をお送りいたします。
ご質問は▶お問い合わせフォームから、
お気軽にお問い合わせください。(担当:白土)