一緒に働く

保育資格、教員資格、児童発達支援・放課後等デイサービスでの経験を一人ひとりのニーズに合わせた支援の場に活かしませんか?児童発達支援管理責任者(教室長)を募集します。

発達障害のお子さんの学習支援を専門に行う放課後等デイサービス「スタジオplus+(スタジオ+)」では、児童発達支援管理責任者を募集しています。「一人ひとりのニーズや背景にあわせた個別支援がしたい」「子どもも保護者も安心して過ごし、相談ができる場づくりがしたい」「ワークライフバランスを大事にしながら子どもの支援経験を活かしたい」そんな思いを実現したスタッフが活躍しています。

>ダイバーシティ工房とは >スタジオplus+とは >業務内容 >募集要項 >よくある質問 >スタッフインタビュー

児童発達支援管理責任者募集

ダイバーシティ工房とは


ダイバーシティ工房は、「どんな背景を持っていても受け入れられる社会」を目指し、千葉県市川市を拠点に40年以上、ひとり親家庭や学校に行っていない子どもたち、そして発達障害の子どもたちとその家族に寄り添った学習環境をつくってきました。

現在は、より早い段階で家庭をつながるために保育園「にじいろおうちえん」や、学習教室に通うことができない子どもたちと出会うためにコミュニティスペース「地域の学び舎プラット」の運営など、地域や行政、学校などと連携し、大人も子どもも安心して過ごせるまちづくりに取り組んでいます。

スタジオplus+(スタジオプラス)とは


私たちは、1976年にオープンした勉強や集団授業が苦手な中学生を対象とした学習塾「自在塾」にて、発達障害をバックグラウンドに持ち、学校の授業のやり方に馴染めず、自分に自信を失くしている子どもたちを多く見てきました。

専門的かつ個別での支援、また経済的な困難がある家庭も受けることができるサービスの必要性を痛感したことをきっかけに、2012年4月に発達障害のお子さんの学習支援を専門に行う放課後等デイサービス「スタジオplus+」をオープンしました。現在、千葉県市川市と東京都江戸川区に4教室を運営し、在籍生徒は130名にのぼります。

学校での生きづらさは、学習やコミュニケーション面のつまづきから生まれます。学ぶ意欲は、精神的な安定があってこそ湧くもの。

学校の環境や本人の特性を踏まえ、安心して学べる環境と1対1の個別学習支援・ソーシャルスキルトレーニング(SST)を専門性を通して、「できること」を増やし子どもたちの自己肯定感を育んでいます。

業務内容


その中で児童発達支援管理責任者(教室長)の仕事は、教室の環境や支援の質を良くすることです。

具体的には、具体的には、生徒情報の管理・保護者とのコミュニケーションを行います。ご家庭、学校、医療機関、行政機関と協力し、生徒の学習環境を改善します。

また、スタジオplus+には年齢や経験もさまざまなスタッフがいます。生徒の様子や教材の使い方などの情報交換を活発に行っています。こうしたスタッフたちが働きやすい環境をつくるのも教室長の役割です。

こんな方を求めています


  • 保育資格・教員資格をお持ちの方、児童発達支援・放課後等デイサービスでの経験がある方
  • 一人ひとりのニーズや背景にあわせた個別支援がしたい
  • 子どもも保護者も安心して過ごし、相談ができる場づくりがしたい
  • ワークライフバランスを大事にしながら子どもの支援経験を活かしたい
募集要項


給与
月給25万~35万(試用期間3ヶ月間は-2万円)

※経験年数や所有国家資格などにより決定します
※毎月30時間までの残業代含む(残業は平均5-10時間程度です)


勤務地
以下のいずれかの教室

  • 市川中央教室 (千葉県市川市 / JR市川駅 徒歩1分)
  • 市川駅前教室 (千葉県市川市 / JR市川駅 徒歩3分)
  • 本八幡教室 (千葉県市川市 / JR本八幡駅 徒歩5分)
  • 瑞江教室 (東京都江戸川区 / 都営新宿線 瑞江駅 徒歩5分)

勤務時間

  • 月〜金曜日(祝日含む):13〜21時 (休憩1時間)
  • 土曜日 (月2回のみ):9〜13時(グループ活動プログラムの授業を実施しています)

※子育て・介護等で調整が必要な方は、週4日勤務や勤務時間帯のご相談に応じます。


応募条件
保育資格・教員資格をお持ちの方、児童発達支援・放課後等デイサービスでの経験がある方大歓迎です。
発達支援管理責任者の資格要件を満たす方、もしくは下記いずれかの資格をお持ちで、その実務経験が5年以上ある方

  • 児童指導員任用(小中高の教員免許所持者も対象)
  • 社会福祉士
  • 精神保健福祉士
  • 社会福祉主事任用
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 言語聴覚士
  • 介護福祉士
  • 保育士
  • 臨床心理士

※児童発達支援管理責任者としての経験は不問です。
※児童発達支援管理責任者の資格要件を満たすか不安な方はお気軽にお問い合わせください【 047-711-1136 】担当:久野(くの)
※要件に関してはこちらの資料がわかりやすくまとめてあります▶児童発達支援管理責任者の要件


業務内容

  • 個別支援計画の作成、実施
  • 保護者、生徒との面談
  • 学習支援業務……小学生から中学生の発達障がい児への個別学習指導(生徒1名につき先生1名)・ソーシャルスキルトレーニング(生徒10名につき先生3名)の実施

待遇

  • 社会保険完備

【補助・手当について】

  • 交通費支給 (月25,000円まで)
  • 住居手当あり (勤務地まで自転車や徒歩で通える場合、毎月20,000円まで支給)
  • 福祉・教育系の国家資格手当あり (5,000〜10,000円)
  • 扶養手当あり
  • 病児保育の利用料補助あり
  •  結婚、出産お祝い金あり
  • スキルアップのための研修受講・書籍購入費補助あり

【賞与について】

  • 賞与あり(業績による)

【休暇について】

  • 半年目より法定通り有給休暇あり
  • GW、年末年始休暇
  • 2年目よりリフレッシュ休暇あり(5日間)

 雇用形態
正職員(試用期間:6ヶ月)


勤務開始日
2019年4月(それ以前をご希望される方は応相談)

すでにご応募の意思がある方
imasuguoubobutton

個別の相談会を行っています
hanashiwokikubutton

よくある質問


【支援について】

  • どんな特性を持つ生徒さんがいますか(作成中)

    発達障害の特性をお持ちのお子さんを主な対象としています。具体的には、
    ・じっと座っていられず、集中が続かない
    ・集団授業だとスピードが早く理解が追いつかない
    といったことなどにより学習の困難さがあるお子さんが対象です。
    個別の学習支援を中心としているためそのお子さんの特性に合わせて、様々な工夫をしながら授業を実施しています。

  • どんな年齢の生徒さんがいますか
    小学生から高校生までのお子さんが在籍していますが、メインの対象は小・中学生です。
    学年が上がるにつれ、学習のつまずきが大きくなったり、本人も周囲との違いを認識し悩むことが多くなるなど、不登校などの二次障害につながる可能性が高くなります。その予防を行うため、お子さんの成功体験を増やすのがスタジオplus+の役割です。

  • 授業の進め方や工夫の仕方について教えてください
    授業は1コマ60分です。月〜金曜日まで1日3コマ(16:00-17:00/17:30-18:30/19:00-20:00)あります。授業はこちらはある授業の流れです。
    ①お迎え ②あいさつ ③宿題の確認 ④作文 ⑤プリント ⑥休憩 ⑦プリント ⑧フリータイム ⑧あいさつ ⑨保護者の方への報告
    こちらの生徒さんは「プリント・課題への拒否が強い」「活動の切り替えが難しい」という特徴がありました。そのため、工夫として「休憩のタイミングやプリントの枚数・1時間の流れを開始時に確認」「タイマーを見えるところに設置」しました。
    その結果、決めた枚数に関しては自分から取り組んでいくことができるようになり、スムーズな切り替えができるようになりました。

【研修について】
1ヶ月の新人研修を実施し、その後も定期的に学べる機会があります。

  1. 新人研修(座学、授業見学、教案作成、模擬授業、授業)
    授業を行う際は、授業見学を複数回行った後、15分・30分・45分ずつと段階的に授業を受け持つ時間を伸ばしていきます。
  2. 臨床心理士による事例研究会(スーパービジョン)
    毎月1回、臨床心理士による事例検討会を実施しています。
    例えば、漢字の習得に困難がある生徒がなぜ、困難を感じるのか根本的な原因 ── 斜めの線をとらえるのが苦手なのか、記憶したことをアウトプットするのが苦手なのか ── を特定し、解決する手立てを学びます。
    生徒の課題を適切に設定し、それに対する的確な支援を見立て、実行、改善するサイクルをまわし、ノウハウを蓄積できる場です。
    担当講師:村中直人
    臨床心理士として大阪市教育センターでの心理相談員やスクールカウンセラーなど主に教育分野で勤務し、発達障害、聴覚障害、不登校など特別なニーズを持つ子どもたち、保護者の支援を行う。支援を行う中でニーズに対する支援の少なさを実感し、一般社団法人 子ども・青少年育成支援協会の設立に参画。あすはな先生の立ち上げにも従事し、特別なニーズを持つ子どもたちや保護者への支援者を数多く育成する。
  3. 「発達障害学習支援サポーター」取得サポート 
    「発達障害学習支援サポーター」とは、発達障害のある子どもたちの学習支援に必要となる専門知識やノウハウを学ぶための講座・資格です。常勤講師を対象に資格取得のための費用援助制度があります。
  4. 講師ミーティング
    毎月1回開催しています。他教室の教室運営や個別指導をする中での課題を共有し、日々の課題や悩みを解決できる場です。

【働き方について】1日や1週間の具体的な業務の流れ

1日の流れ

  • 13:00 出社
    まずは一日のスケジュール確認と、メールチェックを行います。
    入会問い合わせや、授業の振替、フォローが必要な授業など、今日やるべき仕事を確認します。
    また、生徒さんが来る前の時間帯に、教室管理に関わる事務作業をある程度終わらせます。 具体的には、授業のコマ割りの作成や、他の講師の授業報告書のチェックなどをしています。
  • 13:30  昼礼
    朝礼ならぬ「昼礼」を行います。
    同じ教室の講師が集まり、予定と生徒情報について共有します。 授業をしていて少し困ったことやうまくいったことなど、事例を共有する場にもなっています。
  • 14:00 面談
    入会をご希望される保護者の方と、面談を行います。
    お子さんのこと、保護者の方の悩みなどをよく聞き取り、スタジオplus+が力になれるか、客観的に考えてお話をするようにしています。ママトークで盛り上がることも。
  • 16:00 授業
    生徒さんと向き合う大切な時間です。
    授業後、お迎えに来た保護者の方とのコミュニケーションも大切にしています。
  • 18:00 夕食
    空腹は最大の敵! スタジオplus+中央教室や駅前教室がある市川駅周辺はご飯を買うところが充実しているので便利です。 スーパーの手作りおにぎりと、ヤマザキパンの本社ビルで買うパンがお気に入りです。
  • 19:00 授業
  • 20:00 授業後の振り返り
    授業報告書の記入と明日以降の授業準備を行います。 授業報告書はすべて電子化されています。
    また、他の講師から今日の授業について聞き、授業構成の見直しをします。 生徒さんへの声掛けの仕方や授業の進め方など、一緒に考えます。
  • 21:00 退社
    業務日報を記入して、本日のお仕事終了です。

1週間の流れ
児童発達支援管理責任者の1週間

 

【スタッフについて】
性別は男性が35%、女性が65%で、年代は10〜20代が37%、30〜40代が33%、50〜60代が24%、70代が6%と、多様なスタッフが働いています。
前職に関しては下記の通りです。
(教育・福祉分野) 小学校教員、支援員・中学校教員・高校教員・保育士・就労支援・児童養護施設・医療事務など
(上記以外) 信用金庫・商社・監査法人・システムエンジニア・人材コンサル・都市開発コンサルなど

【選考について】
価値観や組織の方向性をお互いに共有できるかどうかを大事にしています。選考を通して楽しく、気持ちよく仕事ができるかをお互いに確かめていけたらと思っています。 選考の流れは下記の通りです。

  1. 書類選考(WEBフォーム・メール・郵送)
    内容は、名前・住所・職務経歴・志望理由(300字程度)・自己PR(200字程度)
  2. 一次選考(対面、遠方であればオンラインも相談可)
  3. 二次選考(対面)

発達障害の知識については、スタジオplus+のWEBサイトに記載している内容を確認していただければ問題ありません。

すでにご応募の意思がある方
imasuguoubobutton

個別の相談会を行っています
hanashiwokikubutton

スタッフインタビュー


すでにご応募の意思がある方
imasuguoubobutton

個別の相談会を行っています
hanashiwokikubutton

>トップに戻る

お問い合わせ先

お気軽に下記までご連絡ください。
047-711-1136
採用担当:久野(くの)・小野(おの)
営業時間:11〜19時(月〜金)