一緒に働く

●採用において、私たちが大切にしていること

全ての選考ステップを通して、スタッフと応募者がお互いに「一緒に働きたいと思えるか」という判断基準を大切にしています。

面接では、提出書類(履歴書、職務経歴書、エッセイ)に書いて頂いた内容を中心にお話をお聞きします。リラックスし、自分自身の言葉で素直にお話し下さい。

また、ダイバーシティ工房や自在塾、スタジオplus+は、まだスタッフ数も少なく、発展途上の組織です。ひとり1人の思い・考え・生きてきた背景などの違いを大切にしつつ、同じビジョンとミッションに向かって働いています。

そして、ビジョン・ミッションの達成には、働きやすい職場が必要不可欠です。働きやすい職場をつくるためには、スタッフ同士のコミュニケーションがとても大事だと私たちは考えています。面接の場でも、面接官が一方的に応募者の方の話を聞くだけでなく、双方向のコミュニケーションをしたいと思っています。

今までのご経験や働く上で大切にしていること、仕事を通してあなたが実現したい未来などあなたの考えや思いを聞けることを、スタッフ一同楽しみにしています。