一緒に働く

●スタッフ紹介 -ダイバーシティ工房事務局-

不破 牧子(ふわ まきこ)

プロフィール・経歴

fuwa_makiko明治学院大学国際学部卒 大学中退後、日本語教師の資格を取り世界20か国でインターン経験や放浪をし、海外の日本語教育やNGO、NPOの現場で学ぶ。
大学卒業後は商社に入社し、東南アジアとへの貿易業務に携わる。
その後母校の国際交流センターにて留学の送り出し、受入業務に関わりながら国内の教育や保育のNPOでNPO経営の勉強をする。
2010年より自在塾の運営を行い、2012年にNPO法人化し代表理事に就任。
一児の母。趣味はアウトドアとインド旅行とお菓子作り。

仕事内容・役割

主な仕事は、働く人が働きやすい環境を整えること 具体的には人の育成と新規事業の立ち上げです。

働く上で大切にしていること

どんな職場にも笑いと楽しさは不可欠だと考えています。 雑談の中から、課題の解決策が、笑いの中から新しいアイディアは生まれると思っています。

好きなクレドor好きな言葉

私たちは気持ちよく働ける職場には笑いが不可欠であることを意識して働きかけます。
Nothing too late (何か始めるのに遅すぎることはない。)大学の厳しいゼミでの合宿で先輩から聞いた言葉です。
NPOで起業しようと思った時、何も経験もないし、自分にできるのか、と思い悩んだ日もありました。スタジオplus+を開校する時も特別支援教育や障害児教育に携わった事のない自分がこの事業をやっていいのかと悩むこともありました。
でも自分が成し遂げたいと思った目標に向かう事に時期や経験は関係ない!今から学べばいいんだ!
いつもそう思わせてくれる言葉です。

自分のビジョン、展望、これから頑張りたいこと

職員が1000人になっても笑いある職場づくり

あなたにとってダイバーシティ工房とは

自分を表現できる場所。
1人で悩んだり、プライベートでうまくいかないときも、工房で働くこと、仲間に会えることで、より自分らしく過ごせる気がします。


佐藤 雄大(さとう たけひろ)

プロフィール・経歴

sato_takehiro山口県下関市出身。熊本大学工学部卒業。九州で10年間医療分野のシステムエンジニアとして電子カルテの開発・導入・保守に従事。「子どもたち」と「一緒に働く仲間」を笑顔にする仕事をしたいと思い、2013年10月から入職。人見知りのB型。奥様と2人の我が子が大好き。

仕事内容・役割

事務、経理、採用、育成、自在塾講師(数学と理科)、システム全般

働く上で大切にしていること

するべきことをタスク化し、リマインドを絶やさない。 PDCAサイクルをひたすら回していく。

好きなクレドor好きな言葉

「私たちは、自分が変わることで、社会が変わると信じて、行動します。」

自分のビジョン、展望、これから頑張りたいこと

【VISION】面倒なことは私に。面倒でなくなったら皆が出来るように。
【展望①】子どもたちが笑顔になれる場をつくる。
【展望②】一緒に働くみんなが居心地良く働きたくなる場をつくる。
【目標】(可能な限り)明るい性格になる…予定

あなたにとってダイバーシティ工房とは

仲間たちと一緒に、より良くして行こうと挑戦できる場所です。

 


座間 茜(ざま あかね)

プロフィール・経歴

zama_akane千葉県出身。 横浜市立大学大学院 国際文化研究科修士課程修了。
学生時代に塾講師・家庭教師をした経験から、子どもと一緒に学ぶ楽しさを知りました。
卒業後は、学習教材の出版社の編集部に勤務し、国語の教材編集・執筆を行っていました。
結婚を機に退職したのち、家庭教師、教材ライターを経て、現在はダイバーシティ工房の事務局の仕事をしています。

仕事内容・役割

NPO法人ダイバーシティ工房の運営事務(経理・採用)。
スタジオplus+の授業・教材・講師研修の企画・開発。
スタジオplus+幼児イベントの企画・運営。
ときどき、自在塾講師。

働く上で大切にしていること

学ぶことは、楽しいことだ。ということを、 まっすぐに伝えられる大人として、子どもと向き合いたい。
教える立場のときも、教材を書く立場のときも、いつもそう思っていました。
ダイバーシティ工房で働き始めて、子どもたちが学習に感じている困難さや、とまどいに寄り添いたい、共感したいと思うようになりました。
その上で、それでもやはり、知らないことが分かるようになるのはワクワクすることなんだ!ということを、伝えていけたらいいなと思います。

好きなクレドor好きな言葉

あなたの知らないところにいろいろな人生がある/あなたの人生がかけがえのないように/あなたの知らない人生もまたかけがえがない/人を愛するということは知らない人生を知るということだ 灰谷健次郎『ひとりぼっちの動物園』より

自分のビジョン、展望、これから頑張りたいこと

いろいろな特性を持つ子どもたちが、取り組みやすく、学びやすい教材や授業を、スタジオplus+のスタッフと協力して考案したい。と思っています。

あなたにとってダイバーシティ工房とは

それぞれの目標に向かって頑張っているスタッフにたくさんの刺激をもらいながら、安心して自分の力を発揮できる「居場所」です。


小久保 健亮(こくぼ たけあき)

プロフィール・経歴

kokubo_takeaki

千葉県市川市出身 一橋大学社会学部の学生です。

仕事内容・役割

自在塾講師とインターンを兼務しています。

働く上で大切にしていること

仕事に目的意識をもつこと。周りの人を大事にすることです。

好きなクレドor好きな言葉

私は失敗をしたことがない。ただ、1万通りの上手くいかない方法を見つけただけだ。(byトーマス・エジソン)

自分のビジョン、展望、これから頑張りたいこと

ソーシャルビジネスで培った精神を忘れずに、社会人として働くことです。

あなたにとってダイバーシティ工房とは

みんなの居場所。みんなが様々なことを学び、社会に貢献できる場所。