一緒に働く

個別指導員(常勤)の仕事

仕事内容

発達障害を持つ小学生から中学生のお子さんを主な対象に、学習指導とSST(ソーシャルスキルトレーニング)を行う教室の常勤職員です。
個別指導での授業と、教室の運営業務を行います。

一人ひとりに寄り添った学習指導を行いながら、保護者や生徒の相談に乗ること、非常勤講師のチューターとしての役割、イベントの企画など、教室の運営業務全般を通してサービスの質の向上を目指します。


スタジオplus+個別指導員

●ここで働く理由
保護者の方と協力して、子どもたちに寄り添い、ともに成長を支えていける教室です。講師MTGで事例を話し合う機会もあり、学習を行う上での小さなコツを集めて、いろいろなお子さんの学習に活かすことができます。
他にも外部の研修に参加したり、職場内でいろいろなことにチャレンジさせてもらう中で自分自身の成長の場となっています。

一日の流れ

13:00

● 出社、昼礼
講師間で予定を確認し、授業をより良くするための相談を行います。
常勤・非常勤を問わず、活発に意見を交わす場となっています。

14:30

● 授業準備
授業準備は前日までに終わらせるようにしています。
当日授業の最終チェックや、翌日以降の授業準備を行います。

15:00

●授業
担当している生徒さんの授業を行います。
また、非常勤講師の相談を受け、一緒に考えることもあります。


●保護者対応
保護者の方とは積極的にコミュニケーションを取るようにしています。
来たときに学校やお家での様子を聞き、お迎えのときに授業での様子をお伝えしています。
授業で使ったプリントなどをお見せしながら、「こんなことができるようになった」と保護者の方と一緒に喜ぶことも。

17:00

●小休憩
事務所に置いてあるお菓子でちょっと休憩。

17:30

●授業
一日平均3~4コマを担当しています。
授業のない時間は、送迎をされない保護者の方へ電話をして情報共有をしたり、
他の講師の授業見学をして、指導方法を学んだりします。

19:00

●チューター業務
チューターとして担当している非常勤講師の授業の状況の聞き取りや相談にのります。
※スタジオplus+には、常勤講師が非常勤講師のチューターとなり、授業や生徒・保護者対応についてのフォローをする制度があります。

20:30

●日報記入
出欠情報、授業で起きたことや生徒さんの変化、保護者の方とのやりとりなどを報告します。生徒さんの情報や共有するべきことなどを記録します。

21:00

●退社
最後に整理整頓などを確認して、お仕事終了です。お疲れ様でした!